« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月18日 (日)

ガチの「天然温泉」を堪能した件

私、これまでの人生の中で「天然温泉」という「謳い文句」を何度も目にしておりますが、「天然過ぎてそんな看板すらない」、ガチの「天然温泉」を本日家族と訪れましたspa
 
160918_kawarage_valley
こんな風景が目に入ると、強めの硫黄の香りが鼻を直撃します。
「今なら屁dashをこいてもバレないな~ smile
そんなくだらん話をしつつ、テンションはMAX振り切っていますup
160918_kawarage_valley2
渓谷を流れる温泉は、「青」というよりも「碧」なんですね。
 
160918_kawarage_waterfall_2
約20mの高さから流れ落ちる「大滝湯」を見ると、

「これを全身で受けてみてぇsign03

という衝動に駆られる訳で…
160918_kawarage_waterfall_1
程好い温かさの温泉ではありますが、バレーボール程の大きさ(推定)の「玉」になって私の体を直撃する「大滝湯」、想像以上に強烈impactでして…

最初のうちは「イタ気持ちいいhappy02と感じていたものの、いつしかそれは「痛いwobblyだけになり…

現場を去る頃には、私の腰周辺はアザだらけになってしまっておりましたcoldsweats01

秋田県に生まれ育った私でさえ、まだまだ私の知らない見どころ満載の秋田県。

秋田県人として、すべてを見尽したいと思うのですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月17日 (土)

新たな趣味発見の件②

私が「出稼ぎ先・ヤマガダ」から「愛する我が故郷・秋田県大曲」に愛車を走らせる際、最近はカーナビで「距離優先」というルートをセットして、いわゆる「下道」をのんびりと運転しているんですsnail

初めてこのルートを選んだ確か8月のとある週末金曜日の夜に「太陽系最高の快適空間」 を目指して、旧・大雄村の辺りを通過した時、星空nightの下で道端にせり出す巨大な樹木が目に入り、私は思わず車を停めてその大木に見入ってしまいました。

陽が高い時間帯に改めてそのルートを通過した際に、私はその大木をじっと見つめつつ、我々人間なんか比べ物にならない程の「自然」の偉大さや尊さを感じずにはいられなかったんです。
160824_a_big_wood_in_taiyu
 
「クスノキ」という楽曲に影響を受けた訳ではないと思うのですが、この旧・大雄村の大木がきっかけとなり、いつしか「巨木への興味関心」がムクムクと…up
思えば、我が家の冬の暖房の燃料は薪、つまりは樹木です。
「木」が冬の我が家を暖め、そして家族の心を温めていることを考えると、樹木への「感謝の気持ち」や「畏敬の念」が私の中で自然と芽生えていたのでしょう。

聞くところによると、ここ「出稼ぎ先・ヤマガダ」には方々に「巨木」と呼ばれる樹木があるそうで…

そこで今日、息子・Joeを連れて、ヤマガダで最も有名な「巨木」のひとつである「東根の大けやき」を見学に行って参りましたcardash
「東根の大けやき」は東根小学校の敷地内で毎日児童たちを見守っている、樹齢1,500年を超える「巨木」です。
160917_signboardathigashine
今どきの世の中、学校の敷地内に部外者が入るなんてセキュリティがどうのこうのと言われそうなもんですが、学校長名でこんな案内板が掲示されているなんて、なんだか心が温かくなりますconfident
このゲートを越えると、そこには…
160917_ookeyaki_2
160917_ookeyaki2

常識の範囲を逸脱した規模の大きさのモノを目にすると、「驚愕」を超えた「神々しさ」を感じるものですねconfident

1,500年以上もの間、この地に根を張りそして東根の街と共に年輪を刻んだこの「大けやき」は、青々とした無数の木の葉を湛えています。

私のヤマガダでの「出稼ぎ生活」、今後何年間に及ぶのか判りませんが、恐らく今後、何度もこの「大けやき」を訪れることになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新たな趣味発見の件①

息子・Joeの「出稼ぎ先訪問」最終日(=2日目coldsweats01)。

最近私がお気に入りのヤマガダのベーカリーのひとつである「ブーランジェリーカフェ ラ・プロヴァンス」で朝食を少々ガッツリといただいた後に向かったのは、「山寺」と呼ばれている「宝珠山 立石寺」でした。

予てからこのお寺に密かに興味を抱いていた私、息子の「出稼ぎ先訪問」がきっかけとなって遂に「山寺訪問」が実現したのですconfident

文字通り、山の上にある「山寺・立石寺」に辿り着くには、山の麓から1,000段以上にも及ぶ階段を登らなければならないことを下調べもせず、汗拭き用のタオルを持たずに出かけてしまった我々親子。
160917_yamadera_2
 
こんな景色を臨みながらひたすら無心に階段を登り続けて…

160917_yamadera_4

本堂に到着した頃には汗びっしょりだったのですsweat01

本堂の脇で、参拝者の差し出す御朱印帳にスラスラと筆を走らせる僧侶の所作の美しさに思わず見とれてしまった私、これを機会に「寺巡り」という新たな趣味を発見した気がしております。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月16日 (金)

息子の「出稼ぎ先訪問」の件

例によって「ブログほったらかし状態」が続いている中coldsweats01、世間では「シルバーウィーク」に突入しております。

今回の3連休に、私は「夏休みの破片」を一日だけプラスさせてもらって金曜日から4連休をいただいて「出稼ぎ先・ヤマガダ」「愛する我が故郷・秋田県大曲」を行ったり来たり…

そうなんです。文字通り「行ったり来たり」しているんですcoldsweats01

木曜日、シゴトを終えてから「所属ジム」で約1時間の軽い練習をこなして、練習着のまま愛車を運転して「太陽系最高の快適空間sunへ直行dash

金曜日朝、夏休みをまだ1週間程残している息子・Joeを連れて「仙台⇒山形」というコースで1泊2日の「ドライブ旅行」へ。仙台のアウトレットモールで買い物を楽しんで夕方にはヤマガダ入り、「別荘」に宿泊sleepy

そして土曜日夕方には息子・Joeと共に再び「太陽系最高の快適空間sunに帰還。まさに「行ったり来たり」な訳ですhappy01
160916_dinner_2
金曜日の夜はヤマガダの駅前にある「山形長屋酒場」で夕食。「酒場」という名前の付くレストランですが、もちろん未成年の息子はウーロン茶を飲みながら、山形名物の「芋煮鍋」やら…160916_dinner_1
 
「米沢牛の鉄板焼き」やらに舌鼓を打ってご満悦でした。

因みに私は「ベジタリアン(正確にはフィッシュベジタリアン)」なので、肉を一切口にすることなく…。
 
彼が「出稼ぎ先訪問」してくれたお陰で、ヤマガダに住んで約半年経ってもヤマガダの良さに触れる機会の少なかった私は、「ヤマガダの魅力shineを再発見することになりそうですgood

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 3日 (土)

最近の健康管理の件

今年受けた人間ドックの際の体重の計測値、59.5㎏でした。

基本、「3日食べなきゃ7割治る」の著者である船瀬俊介先生の「信者」である私、時折3日間程度のファスティングを行ないながら、余計なものを食べない生活(とりわけ、肉を一切食べない野菜中心の食生活)を始めてから、かれこれ2年程になりました。

9月に入ってもまだまだクソ暑いヤマガダです。
久々に「愛する我が故郷・秋田県大曲」に帰ることなく「出稼ぎ先」で過ごすこの週末、午後に練習を終えて測った体重は・・・。
Dsc_0481_2
遂に59㎏を割ってしまいましたwobbly

今年、人間ドックを受けた際に最後に受付で渡された軽食(ハムサンドと牛乳)を
「すみません、私は健康管理上、肉を食べませんし牛乳も飲みませんので、これは結構ですconfident
とか言いながら丁重にお返ししたんですよねscissors

その割には、「心のやすらぎ」を求めて時折スイーツを口にする私、ある日何気なく口にしたスイーツの原材料の成分に目を向けると・・・
Dsc_0486
基本的に、「自分のルール」として口にしてはいけない物質のオンパレードでしたcoldsweats01

こんなザマだと、どっかの職場にいた「仕出しの弁当の天ぷらの衣を引っ剥がして食ってるくせに、タバコをバカスカ吸って深酒しまくってる先輩社員」を心の底から嘲笑bleahしていた自分を戒めなければならなくなる訳ですね…coldsweats01

んで、最近今年の人間ドックの結果が出た訳ですけど・・・。

γ-GPTの数値は基準値を大幅MAX下回っているにも関わらず・・・
 
Dsc_0484_3
問診票で「飲酒:ほぼ毎日」に○を付けてみると、
Dsc_0485
「休肝日も作って、朝食は毎日食べてください。一日の歩く時間も一時間は取りましょう」
だそうです。

正直、この程度のコメントしか書けない産業医って、信頼できるんすかね…coldsweats01

朝ごはんなんか、食べなくていいっていう最近の医学的トレンドを無視したコメント、そして毎日「一時間の歩行」以上の「一般人にはありえない運動」を実践していることを無視したコメント。

ここでも私は「信ずる道を征く」の姿勢、ブレないんすよねscissors

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年9月 1日 (木)

どんな局面でも常にプラスのエネルギーに変換できる能力の件

Dsc_0479
小指に包帯。何やら物騒に見えますけど…。

これは先週、「太陽系最高の快適空間sunから持ち帰った、我が家の敷地内の畑で獲れた「きたあかり」の皮をピーラーで剥いていた際に過って自分の左手小指の先端の皮までガッツリ剥いてしまった結果の画像なんですねcoldsweats01

思いの外、血が止まらなくて焦った私、とりあえずティッシュペーパーで小指を包んで輪ゴムで留めておきつつ、夜間の救急病院をネットで探して電話してみた訳ですよ。

病院も見つかったところで、患部を見てみると、バッサリと皮膚が削ぎ落とされた形跡があったんですよね。そこで直感的に、

「ピーラーに皮が挟まってるのではsign02

と閃いて、ピーラーを確認してみると…

そこには「きたあかり」のスライスと見間違えるような形の「小指の皮膚」が発見されましたgood

輪ゴムで止血を試みながら、削ぎ落とした皮膚を患部に貼り付けて救急病院に出向くと、当番医の外科の先生からは、「輪ゴムは正解」「皮膚さえあればなんとかなる」と、自分の閃きに対するお褒めのお言葉がhappy02

そこからは、どこに行っても同じようにお医者様との楽しい会話が展開された訳ですねgood
皮膚の状態が落ち着くまでは2週間程度だそうで…。さすがに、グローブ着けてのパンチの練習についてはお医者様の許可が下りませんでしたcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »