« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月26日 (日)

「世界格闘技の日」の件

今日6月26日は「世界格闘技の日」として制定されたそうですね。

40年前のこの日に実現した「世紀の一戦」、当時小学2年生だった私、土曜日の昼下がりにテレビでこの一戦を観戦して子どもながらに「期待外れ」的な生意気な印象を持った記憶、あります。

ところが40年の月日を経て、この一戦を改めて見てみると、これほど高い緊張感に支配された真剣勝負は無いと思えるし、「総合格闘技」の原点はここにあるのではないかとも思える訳です。

そんな訳で、毎月第4日曜日に「愛する我が故郷・秋田県大曲」「花火通り商店街」で開催されるイベント「土屋館わいわい広場」で今日も全力で「もぢつぎ(餅つき)」をした私、「出稼ぎ先」のヤマガダさ戻る道中は…
160625_ali_vs_inoki
このTシャツ着用しておりましたpunch

それにしても今日の「もぢつぎ(餅つき)」で「大曲昭和40年会」の諸先輩から浴びせられた煽るような掛け声、癖になりそうなほどの超絶的快感だったもんで…happy02
また来月も是非味わいたいもんですな~happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月25日 (土)

ヤマガダでの「最高の居場所」の件

はたと気付くと6月も下旬。
毎月第4日曜日の地元商店街のイベントでの「もぢつぎ(=餅つき)」「愛する我が故郷・秋田県大曲」を盛り上げるために私、今週末も「太陽系最高の快適空間sunで過ごしております。

相も変わらずこのブログを「放置」しておりましたが、決して「放棄」した訳ではなく・・・coldsweats01

さて、僅か一年間のクマガヤ生活で私が「自分らしさ」を失うことなくギリギリ保つことができたのは、「ビクトリージム熊谷支部」という「最高の居場所」を見つけることができたからでしたが、せっかくそこで始めた「ムエタイ」というスポーツの練習、ヤマガダ生活でも続ける環境が見つかっておりました。
160508_ysk_form
山形県唯一のキックボクシングジムである「Ys.k  Kick Boxing Gym」の体験入門を経てこの入会申込書を提出し、オーナーとの面接の末に正式に私がこのジムの「所属選手」となったのは5月の中旬のことでした。

クマガヤの頃のように、「カイシャから徒歩40秒の距離」という最高の立地条件ではなく、ヤマガダの「別荘」からクルマで10分弱の距離にあるため、練習に通う頻度は低くなりましたが、

「たとえ練習可能な時間が30分だとしても、とにかく練習に行くことが大事。もっと言えば、たとえ短時間の練習だとしても、『練習に行く』という気持ちを維持することが大事」

と肝に銘じている訳ですね。

このジムのトレーナーは2名共現役プロ選手で、なんと本場のタイのイベントにも出場しておられます。しかもそのうち1名は総合格闘技の経験もあるため、私を総合の練習でもしごいてくださるのです。こんな有り難い環境、「最高の居場所」にヤマガダでも巡り合えたことに感謝ですね。

私、そのトレーナーにグローブやレガースをしっかりしたものを用意すること、そして練習着のオシャレにも気を配ることをアドバイスされまして・・・


160624_twins_2
ムエタイ用具のトップメーカー「TWINS」の派手なデザインのグローブとレガース、買っちゃいました。それぞれ1万円ちょっとの品物です。私の夏のボーナスは、「格闘家としての自分自身」に投資することにした訳ですcoldsweats01

「せっかくやるなら良い道具を使う。たとえ実力がその道具に及んでいなくても、その道具に愛着を持って大事に使えば、それが競技に対するモチベーションにつながって、結果的に実力はその道具に見合ったレベルに近付くことができる」

小学生の頃、野球に興味を持った私に、いきなり高級なキャッチャーミットを買い与えてくれた父親(当時:体育教師)の「ポリシー」でしたね・・・。
(残念ながら私は野球部に入ることはできず、小学校5年から中学校3年まで「音楽家」の道を歩んだ訳ですが・・・coldsweats01)
何はともあれ私、イイ道具も手に入れてヤマガダでも「最高の居場所」を見つけて自分らしく生きてくことができそうなのですgood

快適な住環境と職場環境、そして最高の練習環境。神様に感謝なのですconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »