« ゴールデンウィーク満喫中の件② | トップページ | 「誕生日には真っ白な百合を」の件 »

2016年5月12日 (木)

山形の病院を受診した件

前回、埼玉県立がんセンターで血液の状態の検査を受けてから3ヵ月。

今日は私、お休みをいただいて山形大学医学部附属病院第3内科(=血液内科)を受診してまいりました。
午前8時30分に受付を済ませたにも関わらず、診察室に呼ばれたのが午前11時頃だったでしょうか。医師が聴診器を当てるために私がSサイズのポロシャツをまくり上げた瞬間、医師は私の胸筋を見て「異変」に気づいていたようで…。

昼前に採血室に向かって採血する時には、「採血担当者泣かせweepの私の血管は山形でも相変わらず筋肉に埋もれていたようで、結局2回は「空振り」に終わり、3回目で漸く注射の針が血管を捉えました。

医師や看護師との会話、相変わらず楽しんだ私は午後から採血の結果についての説明を受けるべく、再び医師の診察へ…。そこで受けた説明は、

Dsc_0355_2
Dsc_0356_2
 
まず最初に指摘されたのが、基準値の上限値を上回っている「アルブミン」の高さです。これは、脱水症状が起きていることを示しているそうですね。
実は3日間の「プチ・ファスティング」の最終日だった今日、私の体重は先週末と比較すると4㎏程減っていたのですが、ファスティング期間には水分補給を心がけていても、絶対的な水分量は不足してしまうようなんですね。

白血球の値は基準値の下限値をやや下回ってはおりますが、「好中球」の数値がある程度高いため、感染症の心配はないレベルだそうで神経質にマスクをしなくても構わないようです。私にとっては良い情報かとhappy01

そして、医師が注目(?)したのは「ChE」(コリンエステラーゼ)という項目でした。

「プロテインとか飲まれているんですかsign02
と単刀直入な指摘を受けたのですが、この「ChE」の数値、私は基準値の上限値を遥かに上回っているのです。これは、体内での蛋白合成能力の高さを示すという説明がつくそうなんですね。(ただ、この数値が高いと甲状腺機亢進症、脂肪肝の疑いもあるとされていますけどcoldsweats01)
 
様々な説明をしてくださったこの医師、改めて私の体形について「テレビで見る格闘家のような体」と最大限の賛辞と共に、
「病気じゃない人よりも身体能力が高そうですよねsign03
と、いかにも私が喜びそうなお言葉も。私は、
「そういうお言葉が私の免疫力を上げてくれるんですよ。これから宜しくお願いしますsign03
と、お応えしましたconfident

次回の受診は8月上旬です。その時は、「胸筋倶楽部」の「闘病バージョン」を着用して行って、主治医を喜ばせましょうかね~happy02

|

« ゴールデンウィーク満喫中の件② | トップページ | 「誕生日には真っ白な百合を」の件 »

病との「付き合い」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1148354/65453577

この記事へのトラックバック一覧です: 山形の病院を受診した件:

« ゴールデンウィーク満喫中の件② | トップページ | 「誕生日には真っ白な百合を」の件 »