« ヤマガダでの新生活が始まった件 | トップページ | クマガヤ暮らしを回想してみる件 »

2016年4月 5日 (火)

クマガヤで手に入れた「宝」の件

僅か一年間のクマガヤでの「出稼ぎ生活」。

初めの半年間程は、自分の「サラリーマンとしての資質の乏しさ」を痛感する日々だったなと・・・sad

「自分らしさを失ったら終わりwobblyと思って、どちらかと言えば「ココロの健康」を保つ手段として通い始めたのが「Victory Gym 熊谷支部」でした。

カイシャから徒歩40秒の距離にあるこのジムには、特別な用事がない限りは、たとえ正味30分しか練習できない時間帯にカイシャを出たとしても、とにかく足を運ぶように私は努めていました。

「その日のストレスはその日のうちに処理しようpunchannoy

その一心だったんですねcoldsweats01

今更カイシャ生活で人に褒められることはなくても、練習に行けば
「筋肉凄いですね~good
「教えたことがすぐにできるから凄いですよ。やっぱりセンスいいっすね~good
「肉食べてないのにどうやってその筋肉維持できるんですかsign02
「スタミナ半端ないですよね~sign03
等々、とにかく自分が気持ち良くなるような「お褒めの言葉のシャワーsweat01をプロ選手でもあるトレーナーから浴びせてもらえる訳ですよ・・・。

そして、練習仲間とのコミュニケーションも私にとっては貴重なひとときでしたねぇ。ここでも「転勤族なのにカイシャ以外で仲間の輪を拡げている快感thinkを全身に沁み込ませて「ココロの健康」を保つことができたんですよね。

3月23日。私が練習に行ける最後の日でした。カイシャを退出したのは21時20分頃だったでしょうか。急いでジムに到着すると、そこには既に自分達の練習を終えて着替えも済ませた2人の練習仲間が私を待っていてくれました。涙がちょちょ切れそうでしたねぇ・・・weep

そしてその日は、「次期日本ヘビー級チャンピオンshineと目される柴田春樹選手「今日が最後ですから思いっ切り引っ張りますからねimpactと、飛びっきりキツイ2ラウンドのミット打ちの相手をしてくださいました。

「試合を控えたプロ選手がこなすミット打ち並み」だという内容の2ラウンドは、私にとっては最高の「餞」でした・・・。

僅か1年間のクマガヤ生活のうちのラスト5ヵ月間で私が手に入れたこの「宝」は一生もんですね・・・。おそらく私、Victory Gymへの「出稽古」のためだけに、これからもクマガヤを訪れる機会、アルトオモイマスsign03
160323_atvictorygymwithshibata

|

« ヤマガダでの新生活が始まった件 | トップページ | クマガヤ暮らしを回想してみる件 »

「胸筋活動」」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1148354/64813473

この記事へのトラックバック一覧です: クマガヤで手に入れた「宝」の件:

« ヤマガダでの新生活が始まった件 | トップページ | クマガヤ暮らしを回想してみる件 »