« 節制解禁大驀進の件 | トップページ | 心身のリフレッシュの件 »

2015年7月 2日 (木)

「ふらい」の謎が解けた件

今年3月末、私の「出稼ぎ先」がここクマガヤになって以来、時折気になる看板を見かけておりました。例えばこんな・・・。

150703_koyama

「焼きそば」という文字が出ているお店には、ほぼほぼ必ず「ふらい焼き」という文字がセットされているんですよね。(因みにこのお店「コヤマ」は私とは何の関係もありません。私は「オヤマ」ですから

んで、私は昨日のお昼、遂にこの「ふらい焼き」なるものを初めて食したんです。

私、気になりすぎていたもんですから、お店に入るなり店員さんに、

「ふらい焼きってなんすか

とダイレクトに質問した訳です。すると店員さん、

「お好み焼きのシンプルな感じのものですね」

理解できたようなできないような感覚の私、「シンプルなお好み焼き」だけでは昼食としては物足りないと思ったので、「ふらい焼きそば」なるものを注文してみました。

待つこと数分、目の前に運ばれてきた品物はこれでした。

150702_lunch
焼きそばを覆っている物体が「ふらい焼き」なるものなのでしょう。例えるならば、「広島風お好み焼きのクレープ生地のような皮」がちょっと固めになった感じですかね・・・。意外に自分の口に合うんです

この「ふらい焼き」、行田市辺りの「B級グルメ」と位置付けられているようですが、これはもっと世の中に面白おかしくPRしても良いかもです。その「名前の不思議感もさることながら、「広島風お好み焼きのニセモノとか言って・・・

|

« 節制解禁大驀進の件 | トップページ | 心身のリフレッシュの件 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

出稼ぎ生活」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ふらい」の謎が解けた件:

« 節制解禁大驀進の件 | トップページ | 心身のリフレッシュの件 »