« 今週末の「出稼ぎ先」での過ごし方の件 | トップページ | 頑張った翌日の自分へのご褒美の件 »

2015年7月25日 (土)

「悔しい」という感情を実感した件

日中の最高気温が38度にも達したここクマガヤ。予定通り私、午後4時30分にスタートした「あついぞ熊谷Burningman Race 2015」「サンセットリレーマラソン」に出場してまいりました。

3時間の制限時間内に決められたコース(1周1.5㎞)の周回数、つまりは走行距離で順位を決定するこのリレーマラソン、結果としては私が属していたチームは参加77チーム中18位という結果でした。陸上競技のエキスパートがいないメンバーで構成されたチームでのこの結果、自分としては「凄いなとは思うのです。

私自身の走行機会は4回ありました。チームのメンバーは7名だったので、インターバルは基本6名分、30分程度だったでしょうか。

私の記録は4回すべて、6分台の前半程度でした。1㎞当たりに換算すると4分余りのペースなので、普段は筋トレの後に「脂肪燃焼のためのジョギング」程度の緩いペースでロードワークしている自分にとっては、かなりのスピードだったと思います。

ところが、チームの他のメンバーを見渡すと5名はすべての走行機会に5分台で1.5㎞を走破して来ているのです。特に、メンバーの一人、「趣味がトライアスロン」という若手が一週目を4分20秒で走破したのには驚きましたねぇ・・・。

チームとしての結果はともかく、自分自身が「1.5㎞を6分切ることができなかった」という事実が実に悔しい訳です。これは単純に、このレース向けのスピードで走るための練習不足ということが原因です。

「次回」の大会に私が出場するのかどうか、それはわかりませんが、「1.5㎞を6分以内で走破する」という課題、これは「格闘家としてのプライド」にかけても必ず達成します。

「悔しい」という感情が湧き出る自分、まだまだ「イケル」と理解しなきゃならないっすね

|

« 今週末の「出稼ぎ先」での過ごし方の件 | トップページ | 頑張った翌日の自分へのご褒美の件 »

「胸筋活動」」カテゴリの記事

出稼ぎ生活」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「悔しい」という感情を実感した件:

« 今週末の「出稼ぎ先」での過ごし方の件 | トップページ | 頑張った翌日の自分へのご褒美の件 »