« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月29日 (日)

クマガヤの仮住まいが片付いた件

私がここクマガヤの仮住まいで寝泊まりするようになって5日余りが経ちました。

仮住まいも片付いていなかったし、ショクバの環境にも慣れていないせいか、たった3日間のクマガヤ出勤を私はとても長く感じていました。コーフのショクバの送別会の二次会で私の熱唱する「暁」を聴いた同僚達が涙weepを流してから、とても長い時間が経っているかのような錯覚がありますが、あれは僅か一週間程前の出来事だったんですよね・・・。

生活環境が変わって初めての週末。とにかく仮住まいを快適な空間にするために、私は全力を尽くしました。要らないモノ、今日も売り飛ばしまくったり、費用がかかっても処分しまくったり・・・。

これまでの引っ越しの度に、パン職人から

「このビデオ、見るの~っsign02annoy

と責められながらも捨てることができなかった衣装ケース4箱分のVHSテープ、廃棄業者に持って行きました。4,000円かかりましたwobbly

20年程前からの「選手名鑑」が載っている「週刊プロレス」、全てとあるショッピングモールに設置されている「雑誌類回収所」に葬りました。

「生活環境のデトックス」は着々と進んでおります。この部屋でも筋トレができる環境ができました。今回の「出稼ぎ生活」も今まで以上に自分らしく楽しくなりそうです。

150329
自分にとっての「関東地区最高の快適空間」、創りますgood

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月28日 (土)

やっと生活空間が復旧した件

そういう訳で、3月24日の朝にコーフを後にして、次の「出稼ぎ先」であるクマガヤにクルマを走らせた私、しばらくはこんな空間で生活をしておりました。

Img_20150324_1236461
何しろ、コーフでは4LDKの広々とした「家族連れ用」のシャタクに独り暮らししていたもんですから、1Kの9帖弱の広さの空間には荷物が溢れ返ります。冷静にその「溢れ返る荷物」を検証してみると、「要らないモノthunderがなんと多いことでしょう・・・。

本来単身者が住むべき空間として適当な広さの部屋を与えられたことを機会に、私は思い切って「断捨離」に踏み切っています。リサイクルショップに持って行って、タダ同然の値段でいろんなもんを売り飛ばしているんです。気持ちいいっすね~scissors

クマガヤでの生活が完全に軌道に乗るまでは、もう少し時間を要しますが、狭いながらもお洒落で機能的な空間での生活、私なら楽しむことができるはずですconfident

Img_20150324_1647351

私の「出稼ぎ生活・クマガヤ編」は始まったばかり。自分らしく面白おかしく、そして自分なりにカッコつけながら楽しんでいる様子をこれからも紹介して行こうと思いますconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月23日 (月)

コーフ「最後の晩餐」の件

3月23日。コーフでの出稼ぎ最終日でした。

「10年日記」を振り返ると、北海道のトマコマイからここコーフに赴任したのが2年前の今日でした。

その日、私が晩御飯を求めてふらりと独りで入ったお店でコーフでの「最後の晩餐」を済ませてみました。

内容は極めて軽く・・・。生ビール一杯と「お通し」のつくねキムチ鍋、シャキシャキキャベツ、そしてB1グランプリを制したことのある「甲府とりもつ煮」です。

Img_20150323_2030351 Img_20150323_2044491

本来は「泣き虫」で3月なんて季節には簡単に涙腺が緩む傾向にある私ですが、今回は何故かまったくそんなことなくて・・・。いつもの私は、スピーチの場面で必ず涙を流し、聞いている人にも「もらい泣き」させたものですが、今年はぜ~んぜんそんなことないんです。

でも、昨日も今日も夕食を求めてコーフの街を歩きながら夜空を見上げたら、何故か「グッ」ときて涙がこみ上げてきまして・・・。

さぁ、センチメンタルはここまで。明日は早起きして次の「出稼ぎ先」へ向かいますcardash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月22日 (日)

コーフ生活残り2日間の件

ここコーフでの「出稼ぎ」生活は残り2日間となりました。

今日22日、私がこの2年間暮らした仮住まいを引き払い、荷物は次の「出稼ぎ先」であるクマガヤに向かいました。

昨日、「太陽系の中で最も私を理解している人物のひとり」である「パン職人」が帰省先の千葉県の実家から応援に駆け付けてくれたため、作業は快調に進みました。

朝から始まった作業は昼までにはほぼ終了。

Img_20150322_1217001
僅か2年間ではありましたが、この部屋ともお別れとなるとちょっと寂しさもあります。

その後、「パン職人」が千葉に向かい私は独りで「山梨の思い出作り」のドライブcarへ・・・。

私が子どもの頃に憧れた「英雄」のお墓を訪れ、山梨を離れる挨拶を。今日のコーフは初夏のような気候だったので、私は缶ビールをそっと墓前に供えて参りました。

Img_20150322_1548201

そしてその後は、「戦国時代の甲斐の国の英雄」のお墓のあるお寺へ・・・。こんなに風情のある場所、もっともっと訪れたかったものです・・・。

Img_20150322_1601451 Img_20150322_1630591

そんな訳で、コーフでの生活の「ラストスパートdash、充実していますscissors

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月21日 (土)

診察の後の寄り道の件

そんな訳で、3月20日(金)に主治医の診察を受けた後、私は何度か治療の為に訪れた「通院加療がんセンター」に足を運んでみました。

受付で、「以前ここで治療を受けていたこと」「新年度に転勤することになったこと」を伝えて、お世話になった看護士さんのお名前を告げて呼んでいただきました。

すると、見覚えのある笑顔happy01で2名の看護士さんがスタッフステーションの奥から出て来られました。

「そろそろボクの顔を見たがっているだろうと思って、ちょっと寄ってみましたgood

などと、入院していた頃、通院加療していた頃の意味不明な「サービス精神」全開になった私に対して、彼女らは

「さっき丁度二人でオヤマさんの話をしていたとこなんですよlovely。外来の患者さんのリストでお名前を見つけてね・・・」

う~ん・・・。やっぱり人間って「第六感」的なインスピレーションというか波長というか、科学的には説明できないような何かを感じることってあるんでしょうかね・・・。

初めて私がこのセンターを訪れた時に私が着ていたTシャツ(胸筋倶楽部「闘病Ver」)を見たときに、病名が英語でバックプリントされていたことが印象的だったという看護士さん。やっぱりあのTシャツって医療関係者にとってはセンセーショナルだったんでしょうか。

CT検査の結果、私の腫瘍はまだ残っていましたが、「通院加療がんセンター」に「寄り道」した時のこのやりとりで「自分を支えてくれる人がここにもいたんだweepと改めて認識した私、腫瘍がこの時また縮んだ気がしたのでしたscissors

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月20日 (金)

CT写真の「見どころ」の件

私、今日は主治医のもとを訪れて、一昨日撮影したCT検査の結果を聞いてまいりました。

CT写真と共にプリントアウトされた報告書にはこんなコメントがありました。

Dsc_0087前回CT検査(2014.2.28)と比較しました。

・既知の腸間膜腫瘤は前回と比較してさらに縮小し、今回は石灰化も伴っています。

・ほか有意なリンパ節腫大を認めません。

・肺野に悪性病変や活動性病変は指摘できません。

・肺、胆、膵、脾、副腎、腎に著変なし。

・胸水、腹水なし。

・左下大静脈です。

悪性リンパ腫;さらに縮小傾向

お陰様で経過は良好なようです。

CT写真を見る限り、腸間膜腫瘤は確かに前回の検査時と比較すると小さくなっているようですが、それ以上に私が気になるのはお腹の周りの皮下脂肪が薄くなっていることですね・・・。

次の検査はおそらくまた1年後になるのでしょうけど、それまでまた皮下脂肪を薄くするような生活を続けてみましょう。そうすることが、この病にも多少なりとも好影響を及ぼすはずなのですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月18日 (水)

「3月はお別れの季節」の件

3月なんですよね。

私のようないわゆる「転勤族」にとっては、「行ったり来たり」の時期な訳です。

私、ここ「コーフ」に「出稼ぎ」に来て丸2年経とうとしている訳ですが、実は10日余り前に「次の出稼ぎ先」が埼玉県熊谷市になることを命ぜられていたんです。

今よりも「愛する我が故郷・秋田県大曲」へのアクセスが格段に良くなります。これまでは、金曜夜に新宿を出発する高速バスで「太陽系最高の快適空間」に向かっていた私、4月からは金曜夜に仕事を終えてから大宮で最終の秋田新幹線に飛び乗れば、日付が変わる前に大曲駅に降り立つことができるようになります。

そんな訳で、カイシャの「送別会」が何回か催される中、私のような転出する者が「お別れのスピーチ」をする場面があるんですよね。

そんな場面では、自分の人生観を大きく変えるような出来事に襲われたこの2年間を振り返りながら私は気丈に、「格闘家らしく」自分の想いを飾らずに語っています。本質的には同じことを伝えつつも、表面的には違ったスピーチをさせていただいています。

「心に響きました」

「いい話をありがとうございました」

そんな感想をいただいたり、話を聞きながら涙を流していただいたり・・・。

ありがたいことですよね・・・。これから「生きてくチカラ」になります。

コーフでの出社は残すところ僅か3営業日になりました。

最後まできっちりと勤め上げて次の「出稼ぎ先」へ向かおうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月14日 (土)

「こころひらいてゆめをそだてる」件

今日3月14日、愛娘・Annaは私が34年前に卒業した大仙市立大曲小学校を卒業しました。

今朝8時頃、高速深夜バスで「愛する我が故郷・秋田県大曲」に到着した私、「太陽系最高の快適空間」「お笑い犬・OREO」の歓迎を受けてから卒業式に出席してまいりました。

Anna_graduation

「仰げば尊し」も「蛍の光」も歌われることのない「今風の卒業式」では、子ども達の「ふるさと」「ビリーブ」の歌声が懐かしい体育館に響いておりました。

卒業式そのものは一時間余りで終わり、その後行なわれた「門送り」というイベントがまた感動的だんたんですよね・・・。これもまた「今風」なんでしょうね。あれだけ教師もPTAも一体になる雰囲気があれば、皆「イイ子」に育つはずだと思うんですconfident

卒業式そのものでは心の琴線に触れるものを感じなかった私、「門送り」で「グッ」ときてしまいました。

家族が「愛する我が故郷・秋田県大曲」に「移住」して丸4年。この選択が誤りではなかったことを改めて実感できた素敵な卒業式でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月11日 (水)

あれから4年経ちました

3月11日。日本にとって「特別な日」です。

「あの日」から4年が経ちました。

今朝、出社した私、ある上司に今日予定されていた会議の冒頭で黙とうを捧げるように「指示」しました。

テレビのニュースでは、現在の被災地の様子や各地で行われた追悼イベントの様子が報道されておりました。

その中で、未だに「行方不明」の奥様を探し出すために震災後にダイバーの資格を取得して自力で捜索活動を続ける男性や、がれきに埋もれて動けなくなった母親を置き去りにして泳いで陸地に辿り着いて生き延びた女子学生が今日の追悼イベントで作文を読んでいる姿が映し出されていました。涙、流れましたね。

「完治しない」とか「診断後の5年生存率が50~70%」とも言われている病に向き合って生きている自分は、毎日新しい朝を迎えられることにもっともっと感謝して一日一日を全力で生きなければなりません。

そんな3月11日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 3日 (火)

大人買いの件

ここ「出稼ぎ先・コーフ」に引越して来て間もない頃に地元の同級生である「カリスマ理容師」から送って貰った宣伝用ポスター、今でも冷蔵庫に貼り付けられています。

Dsc_00821
んで、最近はこのビールのCM撮影参加チケットが当たるキャンペーンをやっているそうで・・・。

私、さしあたってこのビールbeerを「大人買い」しまして・・・coldsweats01

Dsc_00841
冷蔵庫に「整列」させちゃっていますgood

んで、応募ハガキにシール貼りまくりですcoldsweats01

Dsc_00831
私、またしてもこのビールに踊らされちゃってます・・・。

たまにはこういうのもいいもんですscissors

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 1日 (日)

本能の赴くままに週末を過ごした件

「愛する我が故郷・秋田県大曲」にある「太陽系最高の快適空間」で過ごした週末ですが、あと僅かで秋田新幹線に乗り込まなければなりません。

昨日の「土屋館わいわい広場」から始まり、自宅での夕食、今朝の朝食ととにかく本能の赴くままの食生活を送った2日間の〆は「繁盛軒本店」でのランチでした。

Img_20150301_1307101 今日いただいたのはこれです。

「赤中華えびワンタン」です。これ、マジでハマりそう。

次回帰郷は再来週、愛娘の小学校卒業式に・・・。

では、新幹線に向かいますかbullettrain

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »