« 我が郷土の「宝」の件 | トップページ | 14,964名の大歓声の現場を体験した件 »

2014年12月21日 (日)

自分の価値観そのものずばりの件

先週末、「愛する我が故郷・秋田県大曲」にある「太陽系最高の快適空間flairで贅沢なスローライフを過ごして心が満たされて「出稼ぎ先」に戻るために通過した秋田空港の売店で私が購入した一冊の書籍。

医者に聞きたくても聞けないがんの質問41

私はこの本を秋田→羽田→甲府の移動時間で一気読みしました。

一年前に抗がん剤治療を経験した自分自身の知識や経験値が更に深まる本なんですねconfident

この本の中には、私が心底共感できるような内容が満載なんですけど、「質問38 なぜ自分だけが、がんになってしまったんでしょう?」の項に自信と勇気が湧きましたねぇ・・・。

この項に記されていた、私の心を直撃した言葉の数々を忘れないようにここに書き留めつつ、この記事を読んでくださっている方々に紹介しようかと。

「たくさんのがん患者さんを診てきて思うことは、患者さんの心のもち方で生存率に大きな差があるということです」

「生存率が高いのは、精神力を奮い立たせてがんと積極的に闘う人

生きることを諦めないことに集中すること」

「病気が悪くなるか、よくなるかは、その人の考え方や態度次第です」

「決して病気を敵対視しないことです。病気を通して生きていることに感謝することができるようになれば、儲けものだと考えればいい。たとえ病気が治らなくても、病気を受け入れて、仲よくつき合っていけばいいのです」

どうでしょうか。ぜ~んぶ、私が病気と向き合いながら見出した考え方とイコールなんですね。特に、最後の一節は今の私のスタンスそのものですから。

生きてく自信と勇気。振り切ってますup

|

« 我が郷土の「宝」の件 | トップページ | 14,964名の大歓声の現場を体験した件 »

人生観について」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

病との「付き合い」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1148354/58336812

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の価値観そのものずばりの件:

« 我が郷土の「宝」の件 | トップページ | 14,964名の大歓声の現場を体験した件 »