« 人体実験開始の件 | トップページ | 「可能性」が見えてきた件 »

2014年5月17日 (土)

「誕生日には真っ白な百合を」の件

相変らずゆるゆるな更新ペースですね。つくづく、昨年の入院中には「時間」という資源が無限にあったものだと思いますね。

さて、前回の更新から今日までの6日間に、私は3日間の「ファスティング」を行ない、そしてその「ファスティング」を行なっている間に毎年のことながら一つ歳を重ねました。

「ファスティング」の件は別稿で触れるとして、「5月14日」の件を・・・。

ここ数年、「5月14日」に私は母親に「産んでくれてありがとう」という感謝の言葉をメールしています。この楽曲が世の中に出る前からですね。

この「誕生日には真っ白な百合を」という楽曲が世に出た昨年以来(「昨年以来」と言ったらまだ2年だけですがcoldsweats01、私は実家の母親に「真っ白な百合」を贈っています。

今年はこんな感じだったそうです。

1400293172050_2

母親からは「幸せを感じています」とメールがありましたね。花には人を幸せな気持ちにするチカラがあるんですね。

Dsc_0010 「真っ白な百合」と言えば・・・。

私も自分の「出稼ぎ先」の住まいの玄関に先週、久し振りに「真っ白な百合」を飾りました。お花屋さんで、500円の百合を買おうとしたら、

「今入荷したばかりのこっちの方がいいですよhappy01

と誘導されるがままに、900円の百合を買っちゃいました。「いや、500円のでいいですcoldsweats01と言わないところが、自分の「かっこつけ」なところなんですよね・・・。

家に帰って玄関のドアを開けた瞬間に百合の香りに触れると本当に癒されますね・・・。

1400293185780_2  因みに、母親に「真っ白な百合」を贈る自分の誕生日の次の日は、実は結婚記念日な訳で・・・。この日には妻にバラのアレンジメントを贈りました。

いつも「節目」に素敵な花を届けてくれる、「愛する我が故郷・秋田県大曲」の花屋の若旦那には感謝です。

これからも花を贈ることがもっと自然にできる、深みや厚みのある人間に成長していきたいものです・・・。

|

« 人体実験開始の件 | トップページ | 「可能性」が見えてきた件 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

離れて暮らす家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1148354/56222184

この記事へのトラックバック一覧です: 「誕生日には真っ白な百合を」の件:

« 人体実験開始の件 | トップページ | 「可能性」が見えてきた件 »