« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月30日 (日)

DNA遺伝の件

3月30日、息子・Joeの誕生日birthdayです。

ほぼ、「限界」の「早生まれ」なもんで、今年は3週間前に中学校を卒業しているのにやっと今頃、周りの同級生の年齢(15歳)に追いつきましたhappy01

彼と電話で話した私、

「今頃15歳かよsign02happy01

という例年通りの突っ込みで祝福してみました。

140330_litu_to_celebrate_joes_bd 先週、彼が私の「出稼ぎ先」を訪れた時に、ベタベタに誕生祝してあげたので、今夜はしみじみと白ワインで一人で乾杯wine

先週、松坂牛の「ダイニング玉屋」で食事した時に着ていたピンク色の綿シャツに焼肉の匂いが付いたことを気にしていた彼は、シャツが焼肉臭くなったから洗って欲しいと私に言いました。そこで私、

「もし帰りの新幹線で、隣りの席に可愛い女の子が乗っていたら焼肉臭いシャツだと嫌われるからなぁhappy02

と振ってみると、

「そうだよsign01可愛い子が隣りだったら大変だよhappy01

と息子。ちゃんと父親のDNA、遺伝してますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2014年3月29日 (土)

歌の歌詞が人生に重なる件

私、昨日は、今月初めに受けた「PET検査」の評価を聞くために主治医のもとを訪れてまいりましたhospital

結論としては「異常なし」で、主治医から手渡された「検査報告書」なる資料には、

・撮像範囲に再発を含め、悪性を疑うFDG集積を認めません。

・CT上、特記すべき異常を認めません。

といった所見が記載されておりました。油断はできませんが、現状、落ち着いているようでまずは一安心でしょうか・・・。

それはさておき、売り上げナンバーワンのビールテレビCMのBGMとして使用されている「暁」という楽曲、いいですね。

昨年末、「冬の大感謝祭」で披露されたこの楽曲、歌詞を聴いた瞬間、私は

「これ、オレのことじゃんsign03

って、心に響くものがありました。

「波風ひとつ 立たない人生なんてない

時に神を憎むほどの 出来事が襲っても・・・

僕は信じる あなたなら どんな悲しみも 苦しみさえも

生きてく 力にできると」

私は、悪性リンパ腫という病が見つかった時には正直言って

「どうして神様はオレを選んだんだろうsign02

と、神を憎むような気持ちも少しはありましたね、ええthink

でも、時が経つにつれ、この与えられた「運命」もしくは「試練」をこれからの人生を前向きに生きるためのエネルギーに私は変換できていますから・・・。

現在の体調は極めて良好です。桜も花開き始めたここコーフは今日も半袖で歩けるような陽気でした。

そんな中、私は今日は約80分間のロードワークに出かけました。

「リング復帰」という希望の5文字をイメージしつつ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年3月26日 (水)

上司の言葉に感動した件

年度末から年度初め。

毎年のことではありますが、「昨日と今日」で周りにいる人々の顔ぶれが変わってしまって見慣れない風景になりますが、その風景にも数時間で慣れて何事もなかったかのようにいつものようにお仕事。

そんな中、遠くに転勤して行くジョーシの独りが、最後のご挨拶で「三年間の在任期間中、もっとも凹んだことdownとして、私が死んでしまうんではないかと思ったことだったとスピーチされました。

立場柄、役職柄、多くの社員、特に女性の事務員からは煙たがられる場面の多かった彼がそこまで私の病状を心配してくれていたことが有り難く、感動しましたねぇ・・・。

これからの人生、全力で生きなければならないことを改めて自分自身に誓った瞬間でした。

最後、個人的に言葉を交わした時に彼は私にこう言いました。

「必ずまたリングに立ってくれよconfident

と。

期待を裏切ることはできませんね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月23日 (日)

ムスコと三連休を過ごした件

気が付くと何故か「中5日」の更新。相変らずゆるゆるですcoldsweats01

さて、前回の記事で触れた通り、この三連休は息子・Joeが私の「出稼ぎ先」であるここコーフを独りで訪れておりました(初日は私が東京駅まで迎えには行きましたけど・・・)。

今年の冬休みにも私と息子は二人で年末年始を過ごしましたけど、本当に息子と二人だけで過ごしたのはこの三連休が最初なんですね・・・。

初日は東京駅まで迎えに行ったついでに、神田「江戸っ子寿司」で例によって「二人で一皿を食べるルール」で回転寿司をエンジョイしましたねぇ。

会話の中で彼が「いなばのタイカレー」を気に入ったことが判り、二日目の昼はコーフ市内にあるタイ料理店「アジアンレストラン・ショークディー」でランチコース堪能・・・restaurant

Img_20140322_1242291 Img_20140322_1252051 Img_20140322_1300351

Img_20140322_1312321 Img_20140322_1333101

そして、夜は私お気に入りの「Dining玉屋」で松坂牛を・・・。「最優秀」と名付けられた最も高価なコースをオーダーして、更に追加で「松坂牛極上カルビ」をオーダーする私を

「カッコいいsign03

と表現してくれた息子にとって、いつまでも「カッコいいオヤジ」であり続けたいなと思いましたねぇ・・・。

とろけるような舌触りの松坂牛に満面の笑みを浮かべ、テーブル越しにハイタッチを求めるJoeの姿が印象的で、私「父親としての幸せ」を感じた訳ですねconfident

Img_20140322_1925581 Img_20140322_1933481

Img_20140322_2019061 Img_20140322_2031281

我々、そんなに口数の多くない親子ではありますが、それでも「会話のリズム」を心地好く感じられるのは、親子だからこそ。

今日は「スーパーあずさ」で帰路に就く彼を私は甲府駅で見送りました。最後の最後まで、楽しさで充実し切った表情のままだった我が息子を見送った私、帰り道は自然に目頭が熱くなっちゃいましたねweep

これから先も、息子とは「歳の離れた友達」みたいな親子でいられたらいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年3月17日 (月)

「僕の夢は」

幼稚園児だった頃の将来の夢は「カウボーイ」。

小学校低学年の頃の夢は「レゴビルダー」。

小学校高学年になって「自分の作った物を動かしたい」と思うようになり、そして中学生になってからは「プログラマー」「システムエンジニア」が将来の夢に・・・。

こんな「夢の変遷」を卒業文集につづっていた我が息子・Joeは、自分の夢を叶えるために普通高校ではなく、工業高等専門学校(いわゆる高専)に進学することになりました。

普通高校を卒業して普通の大学の文系学部に進学し、「体育会神話」と「バブルの波」のおかげで就職した私、今思えば現在自分が勤めているカイシャは、「自分の夢を追いかけるために入ったカイシャ」ではないんですよねcoldsweats01

だから「自分はこうなりたい」「自分はこれをやりたい」という確固たる「夢」を持つ我が息子を羨ましくも思う訳です。息子の夢を後押しすることも「父親の使命」かと。

この記事の冒頭で触れた卒業文集の文中、彼はこんなこともつづっていました。

「今まで少しずつ夢は変わっています。でも今の夢はきっと変わることはないでしょう。(中略)僕ならきっとその夢を叶えると思っています。」

と。な~んだか、いつの間にか言うことが俺に似て来たなと・・・coldsweats01

そんな彼は、今週末の三連休に「卒業旅行」として私の「出稼ぎ先」であるここコーフに一人で乗り込んで来ます・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年3月15日 (土)

大曲中学校の卒業式が感動的だった件

寒さが緩み、春の訪れが感じられる今日この頃、この記事の更新ペースも緩みっ放しです。

先週末は私、「愛する我が故郷・秋田県大曲」息子・Joeの卒業式に出席した訳ですが、それはそれは素晴らしい感動的な卒業式でした。

私の母校でもある秋田県大仙市立大曲中学校には「よく生きよ」という校訓があります。

1920304_663001607107319_2005718747_ そして、この校訓が誇り高く詠われる校歌は、「日本一長い校歌」とも言われている素晴らしい楽曲なんですね。

この楽曲を実に30年振りに「生」で聴いた私、冒頭の「よく生きよ~」という全校生徒のコーラスを聴いた瞬間、涙腺は瞬時に崩壊しましたね・・・crying。この楽曲を保護者席から生徒達の大合唱と共に歌うことができる幸せ、感無量でした。

式を終えた後は、保護者達も我が子らの最後のホームルームを参観させてもらうことができました。生徒ひとりひとりのコメント、立派でしたね。約40名の生徒には40通りの想いがありましたね・・・。

担任の先生にとっては初めて送り出す卒業生だったそうで。その先生が我が息子を「オヤマ君!」でもなく「オヤマ!」でもなく、「ジョー!」と呼んでくれていたことが、親父的にはなんとも言えない嬉しさがこみ上げましたねぇ・・・。

そして、もっと嬉しかったのは、

「このクラスは成人式でまた会うし、梵天も一緒にやるんだし・・・」

と、「梵天」という言葉が担任の先生の口から出たことだったんですね。

大曲中学校を卒業した瞬間から、男子生徒には「大曲の男の魂」が植え付けられるってことが「四十二歳の成人式」すなわち「梵天」を経験した私には感じられました。

小学生時代からは考えられない程、心身共に逞しく成長した我が息子は、4月からは自分の夢に向かって寮生活を送りながら新しい一歩を踏み出すことになりました。

その件についてはまた改めて・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月10日 (月)

「皆勤賞」受賞の件

「さすがにもう雪は降らないだろうsun

私の「出稼ぎ先」ここコーフはそんな雰囲気にはなってきていますが、まだまだ底冷えするような寒さは緩まないですね・・・

一昨日からの週末は、私はそんなコーフを離れてまだまだ雪深い「愛する我が故郷・秋田県大曲」で過ごしておりました。

今回の帰郷の目的は、息子・Joeの中学校の卒業式に出席することでした。

数年前までは、彼が私と同じ中学校を卒業することになろうとは少しも思っていなかったのですが・・・。

140308_kaikinsyo_2  一昨日、式の「予行練習」から帰宅した彼はこんな素晴らしいものを見せてくれました(写真左)

「皆勤賞」だそうです。学年全体では、「皆勤賞」の受賞者は50数名いたそうですが、小学校時代に喘息が原因で頻繁に体調を崩して、一週間連続で欠席することなんてザラだった彼が、この3年間、一度も学校を休まなかったことはある意味「快挙」なんですよね。

小学校時代、あれほどまでに心も体も弱かった彼を心配していた親としては、彼が「皆勤賞」を受賞できたことは、推薦入試を合格して進路を決めたことよりも嬉しく思えたのです。

昨日行なわれた、素晴らしい卒業式の様子についてはまた改めて・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年3月 7日 (金)

生活リズムを変えようとしている件

「年間300ワークアウト」という「縛り」のある規則正しい生活を送っている私、最近気付いたんです。

「平日夜はトレーニングの時間を確保できなくなる可能性が高いdespair

ということに・・・。

病状の回復が進んでいることもあり、私の「勤務時間制限」は緩和され、「午後6時にはカイシャを退出しなければならない」という生活にはピリオドが打たれたんです。結果、午後9時頃までカイシャで過ごす毎日になっている訳です。

そこで思いつきました。

「毎日早起きして筋トレを朝にしたらいいんだsign03

ということを。

また、これに伴って夕食はホエイプロティンだけにして早めに就寝するという生活に切り替えたのです。これによって、朝の目覚めもよくなるんですよね。

起床後のトレーニングといっても、時間的には1時間もかけないんです。

とにかく短いインターバルで集中的に筋肉を追い込む訳です。

朝食は遠慮なくご飯をガッツリと丼で、そしておかずは「納豆+山芋+ネギ+卵の黄味」とか豚肉のソテーとか和牛ステーキとか・・・。デザートにはフルーツやスイーツとか・・・。

この生活リズムに変えたことによってすべてが好循環に向かう予感、しますねgood

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 5日 (水)

先日の検査の結果を聞いた件

やっぱり最近、「ネタ」になるような面白い出来事もなく、結果としてブログから遠ざかる日々が続いてしまっていますね。

なんちゅうか、「感性」が鈍ってしまっているんでしょうかね。入院中って、どんな出来事も「面白い話」になる糸口を見つけていた訳で・・・。

と、まぁそんなことはどうでもいいんすけど、私、昨日主治医のもとを訪れて先週のCT検査の結果を聞いてきたんですよね。

CTで撮影した画像が載った一枚の資料には、こんなコメントが記載されていました。

Dsc00019 ・腸間膜腫瘤は前回と比較してやや縮小しているようです。

・ほかに有意なリンパ節腫大を認めません。

・肺野に悪性病変や活動性病変は指摘できません。

・肝、胆、膵、脾、副腎、腎に大きな異常なし。

・胸水、腹水なし。

これらのコメントには、総じて「プラスの要素upが多く盛り込まれているんですよね。

主治医と話をしながら、私はセカンドオピニオン取得の為に虎の門病院を訪れた際に医師から聞いた「腫瘍はどんどん小さくなって無くなることもあるんですよ」という言葉を思い出しました。

その時は、「完治しない病気」であることを知り、「腫瘍が無くなることはない」と私は決めつけていたのですが、昨日の主治医との面談を終え、

「もしかしたら自分が新しい症例になれるかもなぁsign01

と、「本来の自分」らしく、変に前向きな気持ちになってみたりした訳ですね。

さてさて、ここコーフは3月に入っても霙が降ったりしています。雪とか霙とか、もうたくさんですよ。早く気温40度の真夏になんねぇかなぁ・・・sun

(写真はズバリ、CT検査の結果です。腫瘤を主治医に赤ペンで囲ってもらいました。腫瘍の大きさもさることながら、私は皮下脂肪の増加に危機感を覚え、昨日から本格的に皮下脂肪撃退に乗り出しました。その件はまた改めて・・・。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年3月 1日 (土)

土曜日の朝を優雅に過ごしている件

昨日は造影剤を使ったCT検査を受けた私、これまでは

「造影剤は自分にとっては増強剤っすよhappy02

と笑い飛ばしておりましたが、昨日に限っては多少のダメージを体に感じてしまい、予定されていたショクバの飲み会をドタキャンして帰宅。

金曜夜から土曜朝にかけての「一週間分の極楽」を堪能してしっかりとリカバリーしています。

Dsc00017 曇り空で見た目は肌寒そうなここ「出稼ぎ先」コーフの土曜の朝、私は先日「パン職人」から送られてきた「ごパン」と「グラハムパン」「トマトとアボカドとバジルのアホエンオイル和え」を乗せて食してみました。

手作りのパンに自分で手を動かして調理した具材を乗せて、ピアノの音を部屋に流して朝食を摂るという一連の行為が、精神的な安らぎや充実感をもたらし、結果的には今抱えている病にも好影響を及ぼすのではないかと・・・。

さてさて、明日はまた大雪が降るとか降らないとか・・・。今日は食材の買い出しにでかけましょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »