« 小は大を兼ねる件 | トップページ | 実家の近所の人気ラーメン店の件 »

2013年10月27日 (日)

医学的根拠とは別次元な件

「愛する我が故郷・秋田県大曲」で週末を過ごした私、先程「出稼ぎ先」のコーフのシャタクに無事に帰ってまいりました。

帰路は飛行機と電車を乗り継いで(空港までは「パン職人」に送ってもらっているので、正確に言うならば「クルマと飛行機と電車を乗り継いで」ですかね)、移動した距離は800㎞弱。

こんだけの距離でそりゃあ時間もかかるけど、「週末に大曲に帰るのも治療の一環」って私は考えているんすよね。

病気、それも私のような「がんの一種」みたいな病気に向き合っていると、いつも言うように「どんだけ気持ちを前向きに、心を強く持っていられるか」が大事なんすよね。

これって、医学的根拠なんて1ミリもない話なんです。でも、そんなことは「その病気になった人間にしか解らない」、感覚的な次元の話だと私は思うんです。

コーフから大曲までの移動の時間にいろいろと考える、真剣なこともくだらないことも。

自分にとっての「太陽系最高の快適空間shineで家族とコントのような日常会話をして笑って、一緒に食事して、自分が夏に割りまくった薪でストーブ焚いて、しつこい愛犬と遊んで…。

同級生と会って、思いっ切り秋田弁しゃべる、ベタベタな秋田弁で。

こういう一連の行動を取ることによって、もっと言えば「大曲の空気を吸うだけで」私の腫瘍は縮むような気がする訳ですよ。

医学的根拠とはまったく別次元の話でしょうけど、こういうメンタル、必要ですよ。絶対にconfident

こんな「治療」を自分で施した週末ですが、今日は空港で自分に「お土産」買ってきました。

Dsc09972

これをまた明日からのエネルギーに、日々を大切に生きて行こうかと。

|

« 小は大を兼ねる件 | トップページ | 実家の近所の人気ラーメン店の件 »

故郷・秋田弁」カテゴリの記事

コメント

Rayさま

そうですね。こればっかりは「その病気になった人にしか理解できない」と思うんです。

でも、このブログを読んでくださっている方に、元気とか勇気とか折れない心とか、伝えれられたらいいなと思います。

「バター餅」、おすすめですよ。これは美味いですよsign03

投稿: joesdad34 | 2013年11月 3日 (日) 07時40分

どんなに医学が発達しても、入院したことのない人には入院する気持ちはわからないし、症状についてはなおのことでしょう。ブログで勇気づけられてる人がたくさんいると思います。
バター大好きなんで、バターもちに惹かれます♪

投稿: Ray | 2013年11月 2日 (土) 00時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1148354/53743171

この記事へのトラックバック一覧です: 医学的根拠とは別次元な件:

« 小は大を兼ねる件 | トップページ | 実家の近所の人気ラーメン店の件 »