« 大巨人からの挑戦状 | トップページ | ある日の夕食 »

2013年9月 1日 (日)

そう言えば・・・

この入院生活においては、周りも自分自身も私のことを「格闘家」というキャラ設定しかしていないような感覚が強いのですが、そう言えば私は「カイシャイン」だったんですよね・・・

病院内のコンビニエンスストアで食料を補充するついでに、ついつい雑誌や書籍が並ぶ一角に立ち止まることが多いのですが、そこで「ビジネスマンの自己啓発本」的な品物に柄にもなく目が留まったりする訳です。

Dsc09951
んで、こんな本を思わず購入したんです。

私は、カイシャに復帰した後に今さら「できる人」という評価を受けたいなんて気持ちはま~ったくありません。この入院を境に、そんな「ブレ方」したらオカシイでしょ

ただ、世界標準的に「できる人」という価値観はどう位置付けられていて、そんな中で自分がどう立ち振る舞うべきかを考えるのも「入院バカンス」の有効な時間の使い方かと

それに、日本語のタイトル見ると「ケッと思ってしまいますが、「The Rules of WORK」という原題こそが真理なのかと引き付けられますね。

なんてことを考えながら、先程昼食後にテレビのスイッチ入れたら今話題のドラマ「半沢直樹」第6話が放映されていました

(注)秋田県ではTBS系の民放がないため、TBS系の人気ドラマがかなり意表をついた時間帯に放映されるのです

真面目にじっくりとこのドラマを見たのは今回が初めてでした。話題になる理由、解る気がします。「カイシャインとしては落第生」の私が見ても相当面白い

私が勤めているカイシャ、銀行ではありませんが、ドラマに出てくるようなシーンと「似たようなニュアンス」の状況を私のこれまでのカイシャ生活でも見た記憶、体験した記憶があるようなないような・・・

世の中には、あのドラマを見て自分自身を「半沢直樹」という「ヒーロー」とオーバーラップさせて日曜日の夜にボルテージ上げて、月曜日からの一週間に立ち向かう「野心あるビジネスマン」が結構いるのかも知れませんね

「ヒーロー」と自分をオーバーラップさせるとしたら、やはり今の自分にとっては癌を克服してリングに復帰した「鉄人」「絶対王者」と呼ばれた男しかいませんね・・・。

という訳で、小橋建太の復帰戦の入場シーンを見たくなったので、部屋に戻ります。

絶対に勝ちますよ

|

« 大巨人からの挑戦状 | トップページ | ある日の夕食 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

闘病生活」カテゴリの記事

コメント

Rayさま

「半沢直樹」、これは面白いです。
「同じ会社の中に、あんな顔つきしたヤツもいるな
などと想いを巡らすのがまた楽しいです

本の原題はなかなかいいのですが、正直言って内容は「ケッ」と思う部分もケッコーありましたよ

投稿: joesdad34 | 2013年9月 2日 (月) 15時45分

私も「半沢直樹」楽しんでいます。
へこたれない一生懸命な姿にスカッとさせてもらってます。
本の原題、いいですね。自己啓発本、ついつい手にとってしまいます。

投稿: Ray | 2013年9月 1日 (日) 21時03分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そう言えば・・・:

« 大巨人からの挑戦状 | トップページ | ある日の夕食 »