« 「そんなの美味いに決まっている!」な件 | トップページ | 退院前夜にいろいろと思う件 »

2013年9月16日 (月)

退院前日を迎えた朝の心境の件

おはようございます

大型の台風18号、またそれに伴う大雨による特別警報のニュースを朝早くから見ておりました。これらの影響を受けている、滋賀、京都、福井の方面の皆様の無事を心からお祈りする次第でございます。

8月13日から続いておりました入院生活も、明日で一旦区切りを迎えることになります。

今後は、9月末までは「愛する我が故郷・秋田県大曲」の私にとっての「太陽系最高の快適空間で療養生活を送り、10月1日からカイシャにも復帰する予定です。

「出稼ぎ先」で、カイシャに通いながらの独りでの「闘病生活」が始まります。

これまでにも「闘病」という言葉を当たり前のように私は使っていますが、本当の意味での「闘病生活」は「出稼ぎ先」に行ってから始まるんですよね。

私自身、そのことに対して「不安」とか、そんなnegativeな気持ちはなく、今ここにいるpositiveな気持ちが少しもブレることはないんです。

何故ならば、何度も言うように、

「目の前にいる“悪性リンパ腫という敵”を叩き潰して自分自身が前に進む」

という目的が変わることはないのですから。

「前向きな気持ち」はこれまで以上に限りなく前向きになるでしょうし、「折れない心」もこれまで以上に強さを増していくでしょう。

絶対に負けません。勝つんです。

以上、退院前日を迎えた朝の心境でした。

|

« 「そんなの美味いに決まっている!」な件 | トップページ | 退院前夜にいろいろと思う件 »

闘病生活」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 退院前日を迎えた朝の心境の件:

« 「そんなの美味いに決まっている!」な件 | トップページ | 退院前夜にいろいろと思う件 »