« 間もなく新幹線に乗る件 | トップページ | 「出稼ぎ先」の病院に出向く件 »

2013年9月24日 (火)

様々な情報に敏感になっている件

お昼頃の秋田新幹線で東京に移動してきた私、カイシャの用事を済ませてから新宿発の特急「あずさ」に乗り込み、約50日振りに「出稼ぎ先」のコーフのシャタクに到着しました。

自分自身、「悪性リンパ腫」と診断されて以来、「がん治療」とか「抗がん剤」といったキーワードにやたらと敏感になっているんですよね。

これらのキーワードに関して、最近は様々な学説が出ているようなんです。

医師が「抗がん剤」の効果を否定するような意見を述べている資料も目にします。

いろいろな媒体を通じて情報が氾濫している世の中ですから…。

実は私、昨日書店で「秋田弁単語カード」(※これはこれでかなり面白いので、いずれまた紹介したいと思います)なるものを購入した際に、視界に入って来たがん治療に関する新書も購入したんですよね。

今日、新宿から甲府に向かう特急列車の中でその新書を読み進めてみたのですが、抗がん剤の使用も含めて現在の「がん治療」の考え方そのものを根底から覆すような内容が多かったりするんですよ…wobbly

ただ、私がちょっと胸を撫で下ろしたのが「抗がん剤が有効な(抗がん剤で治る)病気」として挙げられていた「がん系」の4種類の病名の中に「悪性リンパ腫」が含まれていたことですね。

「病気と向かい合う」ということは、前向きな気持ちで治療に臨むことだけではなく、こうした様々な情報にも「ビビる」ことなく目を向けて自分なりに理解を深めることも含まれるのかなと、改めて感じております。

情報に惑わされてはいけませんが、逃げる必要もないのです。

担当医と自分を信じて「勝つまで闘う」しかないんですよね…punch

|

« 間もなく新幹線に乗る件 | トップページ | 「出稼ぎ先」の病院に出向く件 »

闘病生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1148354/53375988

この記事へのトラックバック一覧です: 様々な情報に敏感になっている件:

« 間もなく新幹線に乗る件 | トップページ | 「出稼ぎ先」の病院に出向く件 »