« 「あの紙袋の中、何ですか!?」 | トップページ | 「栓」が抜けた! »

2013年8月30日 (金)

友からのメッセージ

本日、この時間までブログの更新がなかったことで、

「病状が急変したのかsign02

と、余計なご心配をかけてしまっているかも知れませんが、特に何も体調に変化はなく、私は今日も元気に過ごしておりましたhappy01

今朝は、名残惜しく「手作りなめらかプリン」を最後の一個いただきましたdelicious

(「最後の一個」といっても最初から二個しかなかったけど・・・)

Dsc00211_2

「手前味噌」的な話になりますが、このプリンは「売り物」になりますね・・・coldsweats01

それはさておき、昨日、病室に一冊の「メッセージブック」が届きました。

Dsc00212_2

今から11年程前に私が旭川に在住していた頃に「所属」していた総合格闘技団体「パラエストラ旭川」のメンバーからの激励メッセージでした。

私が総合格闘技の世界に足を踏み入れたのは、「パラエストラ旭川」への入団が最初だったんです。

約2年間、共に汗を流した仲間達とは、私が旭川を離れてからも親交が続いておりましたし、私自身も旭川を離れてからも「パラエストラ旭川所属」としてアマチュア修斗やグラップリングの試合に出場しておりました。

思えば、私にとっては初めての「地方都市勤務」となった旭川で、格闘技というコミュニケーション手段を通じてカイシャ以外の仲間を作ることができたのが「パラエストラ旭川」だったんですね。

それはそれは本当にイイ仲間達なんです。私が参加した「最後の練習」の時には、私は涙を流しながらスパーリングしていたことを憶えています・・・。

私が現在、悪性リンパ腫という病魔と闘っていることをfacebookを通じて知ったひとりの選手が、所属の皆さんに声をかけてくれてこの「メッセージブック」が実現したそうです。

嬉しいですね。離れてから10年以上経つのに・・・weep

ちょっぴり下品なコメントも10年前と変わっていなくて、むしろ安心感があって温かさを感じる訳ですhappy01

この「メッセージブック」を企画してくれた選手が、「あとがき」と題して綴ってくれた文章には、何気ない会話の中で私が発した

「いや~、オレ旭川のみんなや街が大好きだからさぁ」

という一言や、私が無意識に使っていた「仲間」という言葉が印象的だったという意味のことが書かれていました。

読んだ私が涙した彼の文章、本当はここで紹介したいのですが、かなり自分が「持ち上げられて」いて流石の私も恥ずかしいのでそっとしまっておきます。

元気づけてくれた旭川の仲間達とまた会うためにも、絶対に勝ちますよsign03

|

« 「あの紙袋の中、何ですか!?」 | トップページ | 「栓」が抜けた! »

闘病生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1148354/53084243

この記事へのトラックバック一覧です: 友からのメッセージ:

« 「あの紙袋の中、何ですか!?」 | トップページ | 「栓」が抜けた! »