« 明日退院します。 | トップページ | 青春の1ページに・・・ »

2013年7月14日 (日)

退院しました!

11日木曜日からの3泊4日の入院生活を終えて本日午前中、私は退院しました。

さすがに「一昨日」に多少なりともお腹の一部を切っているので、傷口付近や少々いじった腫瘍の辺りに違和感は残っておりますが、26日に主治医から検査結果の説明を受けるまではいつも通りの日常生活を送ることになります。

今回の3泊4日の入院生活では、ここで書きたくなるような様々な面白めの「ネタ」はアレコレあったのですが、なんと言っても最大のトピックはあの「手術室の妖精heart02のことですね。

「手術」と聞くと、何らかの恐怖感を覚えるのが自然かも知れませんが、全身麻酔による手術では「眠っている間にすべてが終了する」という説明を受けていたので、私は少しも手術に対する「怖さ」を感じなかったですね。

「怖さ」どころか、全身麻酔によって自分が眠りに落ちてしまう状態を楽しみにしていたくらいなんです・・・。

思えば、「手術室担当の看護師」という、まるでタレントのような可愛らしい看護師が手術前に病室を訪れて少しでも私の不安を取り除こうと雑談の相手をして、

「手術中はずっと私がそばにいますからねheart02

などと男性諸君なら「一発で落ちてしまいそうな言葉lovelyをかけてくださったのも「全身麻酔」の一部だったのでしょうかね・・・。というか、「全身麻酔」よりも効き目のある「魔法」をかけられたようなものだったのでしょうね。

手術室に入ってもその「タレントのような看護師」は、

「約束通り私がずっとそばにいますからねheart02

と笑顔でささやき、そして手術が終わった時にも薬で目を覚ました私に

「終わりましたよheart02

と笑顔でささやいてくれました。

あの「手術室担当の看護師」はいったい何者だったのでしょうか。

手術を受ける患者しかお目にかかることのできない「幻の看護師」なのでしょうか・・・。

あのような「サービス」にも私は最近の「医療の進化」を実感したのでした。

|

« 明日退院します。 | トップページ | 青春の1ページに・・・ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

Rayさま

ご心配おかけしております。
全身麻酔よりも「手術室の妖精」にかけられた魔法の方が効き目がありましたねlovely
入院中、「胸筋倶楽部」のタンクトップで過ごしていたので医師も看護師も常に騒然としていましたhappy02

投稿: joesdad34 | 2013年7月15日 (月) 23時04分

全身麻酔お疲れ様でした。
手術前のほうがいろいろ準備が大変かも。
無事退院とのこと、良かったです。
ご家族も安心されたことでしょう。
鍛えてらっしゃると、体力も回復が早いそうですよ。
それにしてもかわいい看護師さん、ラッキーでしたねshine

投稿: Ray | 2013年7月15日 (月) 20時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1148354/52455174

この記事へのトラックバック一覧です: 退院しました!:

« 明日退院します。 | トップページ | 青春の1ページに・・・ »