« 一泊二日でも十分! | トップページ | 息子にもらったエネルギー »

2013年5月26日 (日)

充実の週末

夜行バスという移動手段を初めて利用した今回の帰郷、何かと充実していました。

「土屋館わいわい広場」での餅つきは既にこちらでも書いた通りですが、先週購入した既製品のワイシャツを「刺繍職人」の元に持ち込み、ちょっと洒落たことをしてもらいました。

Dsc00107長袖のワイシャツにはいつもの通り左カフスの部分にNo Muscle, No Lifeと入れてもらったのに加え、半袖のワイシャツには左襟の部分にこんな風に「Fighting Aid」と入れてもらいました→

これは「刺繍職人」の提案によるものですが、結構「衝撃的なデザインthunderかとhappy01

そんな訳で、今日は午後5時丁度の秋田-羽田便に搭乗するべく午後3時半には「太陽系最高の快適空間shineである自宅を出発しました。

「出稼ぎ先」であるコーフに向かう私に、「パン職人」が持たせてくれたのは私が最も好きなパンのひとつである「ごパン」でした。パンの生地に「秋田こまち」のご飯が練り込まれていて、トーストした時の食感とほのかな甘味がたまりません。トマト、バジル、アボカドなどを乗せて塩とオリーブオイルで軽く味付けすると朝から幸せな気分になりますhappy01

20130526そして、母親は「夕食に」ということでお弁当を持たせてくれました。左のおかずには、数年前に日経の土曜版のトップで特集された「ビールに合うソーセージ」で1位となった大曲名物「嶋田ハムドイツソーセージ」や昔から同じ味の「母親が作った卵焼き」が入っております。そして、右にあるのが「ぼだっこのにぎりまんま」(訳:秋田特有の塩辛いシャケの入ったおむすび)です。

飛行機、モノレール、JRを乗り継いでコーフのシャタクに到着したのが午後10時でした。自宅を出てから約6時間半の時間が経過しておりました。

一泊二日、しかも車中泊ありの強行スケジュールで、しかも丸太伐りの作業が殆どという滞在でも、しつこいようですが私はやっぱり疲れていませんhappy02。丸太伐りの作業、本当に心身のリフレッシュになるのです。

トマコマイにいた頃よりは帰郷が不便なのは事実ですが、不便なりにいろいろと最も効率的な方法は見つかるんですね・・・。今回同様のスケジュールで帰郷する週末の過ごし方、今後も増えますよscissors

|

« 一泊二日でも十分! | トップページ | 息子にもらったエネルギー »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

離れて暮らす家族」カテゴリの記事

コメント

Rayさま

「襟に刺繍」というのは今までの自分の発想にはありませんでしたが、これは「有り」ですね。今後多用すること間違いないですhappy02

投稿: joesdad34 | 2013年6月 8日 (土) 13時54分

すごくかっこいいデザインのシャツですねlovely
襟が二重にボタンもダブルってだけでも珍しいのに、
刺繍が光ってますよshine
横のドットストライプに重ねるなんて、すごいです!
カフスがどんなになってるのか、気になりますっ!

投稿: Ray | 2013年6月 4日 (火) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1148354/51788337

この記事へのトラックバック一覧です: 充実の週末:

« 一泊二日でも十分! | トップページ | 息子にもらったエネルギー »