« 「目からウロコ」の1時間 | トップページ | 全県大会出場権獲得 »

2012年9月14日 (金)

盟友

昨夜、「新宿FACE」で開催された格闘技イベント「ワクチンファイト」で、3年前に「ライオンマーク」の道場で一緒にセミナーを受講した盟友、甲斐拓也選手が惜敗を喫してしまったらしい。

私よりも1歳年上の45歳であの肉体。本業は歯科医師。ハーバード大学への留学経験有り。何もかも桁違いというか、規格外。

私は自分のことを「かなりのカワリモノ」と自負していますが、彼には負けます。

興行収益をすべて発展途上国で苦しむ子ども達を救うためのワクチン購入に寄付するという志も素晴らしい。「FIGHTING AID」も彼の理念から生まれたイベントでした。

このような「刺激」を受けてしまうと、私も「同志」としてとことん自分の信ずる道を歩むことに徹してみたくなります。

そんな想いが、昨日に続いて今日もまた私をカイシャから「大西ボクシングジム」に直行させたのです。

どうせやるなら中途半端ではなく、誰もが脱帽するほどに徹底して「バカ」にならなきゃダメなんです。

甲斐拓也選手の行動は、そんなことを私に教えてくれました。

|

« 「目からウロコ」の1時間 | トップページ | 全県大会出場権獲得 »

「胸筋活動」」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 盟友:

« 「目からウロコ」の1時間 | トップページ | 全県大会出場権獲得 »