« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月27日 (木)

必ずもらえた!

この夏、私はコマーシャリズムに敢えて乗せられてみました。

「アサヒスーパードライ・必ずもらえる!キャンペーン」の宣伝に乗せられ、踊らされてみたのですcoldsweats01

普段は「家飲み」なんてそんなにしない私、福山雅治が出演しているコマーシャルのカッコ良さに引き付けられ、そして「必ずもらえる!」というフレーズにもまんまと乗せられ、思わずスーパードライを「箱買い」して応募ハガキにシールを貼りまくり・・・。

「8月15日消印有効」の応募締切ギリギリに応募ハガキを郵便局に持ち込み、

「今すぐ消印押してくださいsign03

と、「必死な感じsweat01を演じてまでも欲しかった訳です。

その後、帰宅する度にアサヒビールからの宅急便の不在連絡票を探していた訳ですが、待てど暮らせど届かないcrying

もしかして、郵便局が「8月15日」の消印を押してくれなかったのではないかと不安になり、アサヒビールのお客様窓口にメールで問い合わせてみたりもしました。

アサヒビールも流石でした。その日のうちに私の携帯電話に折り返しの連絡があり、

「確かに受け付けておりますので、もう少々お待ちくださいconfident

と親切なご説明が。

私の中で、アサヒビールに対する好感度がマックスに振り切れた状態で待つこと数日。遂に昨日、玄関のドアに「アサヒスーパードライ」を依頼人とする不在連絡票を発見flair

再配達の依頼はもちろん、最近お得意の「カイシャへの配達」でした。

そして今日、受け取りましたよカイシャで・・・。

Dsc00047
光り輝く「ステンレス二層保冷タンブラー」ですshine

もう秋風が冷たい北海道ではありますが、せっかくの「ステンレス二層保冷タンブラー」です。この季節、ちゃんこ鍋のお伴にギンギンに冷えたスーパードライは欠かせないですかね・・・happy02

そして、次はこれを狙うんでしょうか・・・。

私、まだまだ乗せられますcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月22日 (土)

土曜日の穏やかな朝に

穏やかな陽射しと秋を感じさせる少し冷たい空気を窓から感じながらのんびりと朝から和牛モモ肉のステーキを食べる土曜日の朝、とても気持ちのリフレッシュができます。

私、「たぶんこれが最後」と思い込みながら、昨日主治医のもとへ診察を受けに行きました。

レントゲン撮影の際、前回のレントゲン撮影の時とは比べ物にならない程軽快に動ける自分に感動。

レントゲン技師のお兄さんから、

「かなり鍛えた体ですね。普通はそんなにならないですよね。羨ましいですsign01

などと、最高に気分の良くなる言葉をかけていただいてレントゲン室を後にして診察へ。

血液検査の数値も完璧に正常。レントゲン写真を見ても、昨年細菌に蝕まれていた腰椎も胸椎も完璧に輪郭を取り戻し、正常なカタチに戻っておりました。

しかーし・・・

「発症から一年半か。もう半年で二年だな。次は半年後でいいよhappy01

と主治医・・・。

「オイオイ、まだやんのかよ。まだ釈放されないのかよsign02

と私の心の声。念には念を入れるというのはこういうことでしょう。

そんな出来事のあった昨日の夜は、カイシャを出ようとした時に時計の針は既に午後8時25分を指していました。

「正味20分でもいいからhappy02

という想いで、そっから向かいましたよ「大西ボクシングジム」cardash

ジムに到着すると、私がジムの中で最も親しくさせていただいている同年代のTW氏が黙々とサンドバッグを打つ姿が目に飛び込んでまいりました。

間違いなく「同じような血」が流れている彼との会話、最高に気持ちイイ訳です。

「こんな病気で辞めるくらいなら、こんな歳まで格闘技なんか続けてないよ」

「練習が最高のリハビリになるさ」

「練習したらカラダが勝手に動きを思い出すでしょ」

「たとえ20分、30分でも、ここ(ジム)に来ることが大事だよな」

「サラリーマンになると年齢や忙しさを理由に好きなことしなくなる人いるけど、それって違うよなsign02好きなら年齢関係ないし、時間がないなら好きなことのためには時間って作るもんだよなsign02

ショクバでは、なかなか理解されないかも知れないこんな価値観を共感できる仲間って大事なんです。生きる元気が湧いてきますからgood

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月19日 (水)

回復加速中

「放課後」「大西ボクシングジム」に直行して正味一時間弱の間、ほとんどインターバルなしで集中的に体を全力で動かし続けると、それはそれは「生きていること」を嫌と言うほどに実感できるような大量の汗が全身の毛穴から噴出する訳です。

そんな状態で、またスーツに着替えるなんてことはとってもナンセンスであることに気付いた私、最近は練習着のままジムを後にして帰宅することにしました。

但し、シャタクの敷地内の駐車場から自分の部屋までの数十秒間の徒歩は、さすがの私でも度胸が要ります。

汗が止まらない状態で練習着のまま、愛用のハットのやり場がないのでとりあえず頭にかぶる図を想像してみてくださいwobbly

明らかに「変質者shock以外の何者でもないんですよ・・・coldsweats01

この状態をシャタクに住む奥様に目撃されたら、さすがに厳しい訳です。

でも、逆にシャタクに住むオッサンとバッタリ会おうものなら「ドヤ顔」で、

「あっ、カイシャからジム直行して練習した帰りなんすよhappy01

てなことも言い放てるんでしょうけど、そんな機会もなかなかなくて・・・。

と、いろいろ思い付いたまま書き連ねましたが、たとえ短い時間でも

「カイシャからジムに直行して練習する」

「リングのある汗臭い空間に身を置く」

ということ自体、自分にとっては大きな大きなエネルギーになるということだけを言いたいんです。

「見た目の筋肉」は、昨年病に倒れる前の状態まではほぼ回復しています。そしてその回復具合はまだまだ加速中ですdash

「2.10大館」まで、5ヶ月を切っています。

これからの5ヶ月、人生ますます楽しみますよsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月17日 (月)

全県大会出場権獲得

三連休初日、秋田に向かう飛行機でCAに

「以前もお会いしましたよねsign02

と声をかけられて浮かれて過ごしている私、昨日は息子・Joeの卓球の試合の応援に出かけてまいりました。

2012091614060000一昨日、個人戦4回戦で敗退して全県大会出場権を惜しくも逃してしまった彼は、全県大会出場への一縷の望みを残して昨日行なわれた敗者復活代表決定トーナメントへ回っていたのです。

4回戦で敗退した選手16名による敗者復活代表決定トーナメントからの全県大会出場枠は「3名」。トーナメント3回戦で仲の良いチームメートに敗れたJoeは、「最後の1名」を決める他校の選手との試合に臨むことになりました。

広い体育館では、たまたま他の試合は行なわれていないタイミングだったので、ギャラリーの目はその試合だけに注がれておりました。そして、チームメートの全力の応援を浴びる状態になっていました。

そんな、ある意味プレッシャーを感じるような環境で彼は3-1のスコアで勝利し、全県大会への出場権を獲得できました。

「父親」として、試合の結果はもちろん嬉しいのですが、試合中の二階席からのチームメートの応援の声を聞いて、私は目頭が熱くなりました。

そして、ポイントを取る度に吠えながらガッツポーズをする我が息子の姿に彼の「成長」を目の当たりにした私、まさに「感無量」でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月14日 (金)

盟友

昨夜、「新宿FACE」で開催された格闘技イベント「ワクチンファイト」で、3年前に「ライオンマーク」の道場で一緒にセミナーを受講した盟友、甲斐拓也選手が惜敗を喫してしまったらしい。

私よりも1歳年上の45歳であの肉体。本業は歯科医師。ハーバード大学への留学経験有り。何もかも桁違いというか、規格外。

私は自分のことを「かなりのカワリモノ」と自負していますが、彼には負けます。

興行収益をすべて発展途上国で苦しむ子ども達を救うためのワクチン購入に寄付するという志も素晴らしい。「FIGHTING AID」も彼の理念から生まれたイベントでした。

このような「刺激」を受けてしまうと、私も「同志」としてとことん自分の信ずる道を歩むことに徹してみたくなります。

そんな想いが、昨日に続いて今日もまた私をカイシャから「大西ボクシングジム」に直行させたのです。

どうせやるなら中途半端ではなく、誰もが脱帽するほどに徹底して「バカ」にならなきゃダメなんです。

甲斐拓也選手の行動は、そんなことを私に教えてくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月13日 (木)

「目からウロコ」の1時間

一日カイシャにいると様々なストレスを体感する訳ですよ。主に精神的なストレスを。

日中受けた精神的なストレスは、カイシャ終わってから肉体的なストレスを与えてスッキリと消し去るのが「オレ流」の解消法なのです。

今夜は、午後8時前にカイシャを後にしました。

職場の後輩に、

「練習に直行するわdash

という、44歳のサラリーマンにはフツーは考えられない一言を残しつつ・・・。

向かった先は「大西ボクシングジム」です。

ボクシングジムでの練習なのにスタートはレスラー式のジャンピングスクワットから・・・。すかさず縄跳びを数ラウンド。そこへ会長が登場。

「今日は軽くグローブ着けてマスやりますかhappy01

と。ヘロヘロに息が上がるまでミット打ちに付き合ってもらおうかと思っていたのに、いきなりスパーリングです。

これを断っては「姿勢」を問われる訳です。いや、問われるというよりも自分で自分の「姿勢」を問わざるを得なくなるので、やるしかないのです。

数ラウンドのスパーリングとその後のサンドバッグ打ち。今日も「目からウロコ」のアドバイスを山のようにいただきました。

私のボクシングの技術、まだまだ、まだまだ発展の余地があります。かなり前向きな気持ちで格闘技に向き合える気がします。だから人生は楽しいのです・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月11日 (火)

色褪せぬ日々

妙に不自然に焼けた肌をダブルの襟の派手なワイシャツで包んでノーネクタイでハットを被って食事に入ったお店で、会計の時に店主から

「芸能関係のお仕事の方ですかsign02

と質問されてますますトマコマイが好きになった私、Facebookを通じて再会した南半球の大陸に住む友人とのやり取りを通じて、懐かしさがこみ上げ、20年以上前の写真のネガフィルムを探し出して、行きつけの写真館でCD-ROMに入れてもらいました。

Fl030002Fl040003


Fl050004Fl050006

あの頃、こんなに可愛い子どもだった彼らともFacebookを通じて今でも交流があります。

世の中、どんどん便利になって技術も進歩して行きますが、写真の中の光景は20年以上経った今でも色褪せることなく心の中に蘇ります。

写真っていいもんですね・・・。

今回、デジタル化した画像の中には「あの衝撃の問題作」も・・・。

その一枚については、いずれまた・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 8日 (土)

うずうずな土曜日

久々に遠くに出かけずにトマコマイで過ごす週末です。

「9月に血液検査に来るように」

と主治医から6月に指示されていた私、午前中は黒のピチピチのタンクトップに身を包んで病院に向かいましたhospital

採血を終えて病院を出る途中、レントゲンの受付で見覚えのある坊主頭の片鱗が見えました。親しく接していただいている技師の方です。とりあえず挨拶に向かうと・・・

「ムキムキな体ですぐに判りましたよ。前回お会いした時よりも進化してますねgood

と最大限のお褒めの言葉をいただきました。こういう言葉、栄養になります。

午後は一昨日に続いて「大西ボクシングジム」へ。一時間程度のジムワークを集中してこなしましたpunch。一昨日よりもまともに縄跳びができるようになっておりました。

ジムワークはともかく、ジムの中に貼られた一枚のポスターに私の目は釘付けになってしまいました。

「11月11日(日)ノースエリア格闘技イベント BOUT 苫小牧大会」

です。パンクラス公式戦、キックルール、RISEルール等々数試合が行なわれる格闘技イベントが苫小牧で開催されるようです。

ちょっと体がうずうずしてしまいますが、私の「復活の舞台」はあくまでも「2.10 FIGHTING AID 2」です。こういう刺激を受けながら、一歩一歩「復活への道」を歩んでまいります・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 7日 (金)

大失敗・・・

実は最近、私は大失敗しました・・・wobbly

極めて「初歩的なミス」を犯しましたwobbly

10月7日(日)に開催される「とまこまいマラソン」へのエントリー、し忘れたのです・・・。

昨年、退院後の回復状況がまだ「道半ば」だったためにエントリーを断念したこの大会、今年は自分自身の「気持ちの整理」の意味も込めて、そして「トマコマイ在住最後の年」でもあることから、どうしても出たかったのですが、そもそも最初から「エントリー期限を確認していなかった」というミスを犯してしまっていたのですsad

9月に入って「さて、そろそろエントリーを・・・」と思ってサイトを開いて愕然。

普段、カイシャの業務の中では「〆切過ぎても報告物はどうにかなる」「稟議したら特認されることはよくある」という、一般社会では通用しないかも知れない余計な感覚を身に着けてしまっていた私、「当然OKしてもらえる」という前提で、大会事務局に電話してみましたが・・・。

「一般社会の厳しさを知るcoldsweats01結果に終わってしまいました・・・。

正直、悔しいですがこれは自分のミスです。

気持ち切り替えて、次の目標見つけます。

とにかく、昨年の入院生活から始まった不運をすべてゼロに戻して、自分自身の気持ちをリセットするためにも、ひとつひとつ自分なりに決めたハードルを越えて行きたいなと・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 6日 (木)

本格復帰!

先日、函館でボルサリーノ・T・三澤氏とお会いした際に、来年2月に秋田県大館市での開催が予定されている「FIGHTING AID 2の準備で自分が動けることはないかと訊ねたところ、

「しっかり自分の練習しておくことと、大曲からお客さんを引っ張って来ること」

と即答されました。

今日はこのご指示のひとつ目、「自分の練習」をいよいよ本格的に開始しました。

午後8時前、カイシャを後にして久々に「大西ボクシングジム」に直行。

縄跳びもできるようになりました。途中、何度もロープに引っ掛かりました。体は異常に重く感じられ、リズム感もゼロです。脚の筋力や感覚も恐ろしい程に落ちていることが悲しい程に実感できました・・・。

単発ながら、ミット打ちもこなしました。久々のミット打ち、殆ど「ゼロからのやり直し」です。

来年2月の試合は、おそらく総合ルールになります。でも、今の私はまだグラウンドのスパーリングを100%のチカラではできない状態です。

今日、ミットを持ってくれたジムの会長に私は言いました。

「総合ルールでもパンチで勝負して、パンチで倒して勝てるように練習します」

と。

とにかく自分を信じて、今自分ができる練習を全力でこなすこと。それが本格復帰、完全復活への近道であることを強く実感できました。

そして、たとえ結果的に「正味30分」だとしても、平日の仕事帰りにジムワークをこなし、ジムで会長と会話することが今の自分にとっての「最高の練習」になることも、今日良く解りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月 4日 (火)

セミナー!

先週末、約130名の皆様を前にした「講演」のお手伝いをする機会がありました。

ボルサリーノ・T・三澤氏「講演のMC」が私の役回りでしたが、KUSHIDA選手も加えての「健康に関するトークショー」的なイベントでした。

その時の模様は、こちらでも報告されております。

改めて自分の「職業選択ミス」を実感できた、それはそれは楽しい一時間でしたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »