« 「親父」 | トップページ | 「日常」を取り戻すということ »

2011年6月16日 (木)

回復の経過

今週月曜日に撮影したレントゲン写真によると、私の脊椎を侵していた「菌」によって形が崩れていた二ヶ所の背骨は、胸椎は輪郭がほぼ鮮明になっていたものの、骨盤につながる部分の腰椎の輪郭はまだ不鮮明でしたsad

つまり、まだ骨が傷んでいる状態なので、これが結局は痛みの直接の原因になるという説明も受けました。

治療法は、頑丈なコルセットで腰部を固定し、守ることに尽きるようです。

腰部を固定しつつ、二日に一度のペースで「加圧トレーニング」で少しずつ上半身の筋力の回復を図っていますが、「加圧トレーニング」は骨の強化も期待できるとのこと。医学的にも証明されているようなので、これを信じて「人体実験」に励んでみますgood

|

« 「親父」 | トップページ | 「日常」を取り戻すということ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1148354/40423934

この記事へのトラックバック一覧です: 回復の経過:

« 「親父」 | トップページ | 「日常」を取り戻すということ »