« 新・入院生活あれこれ⑩(今日もあれこれ) | トップページ | 5月14日 »

2011年5月13日 (金)

新・入院生活あれこれ⑪(「第一歩」)

「腰椎椎間板ヘルニア」と診断された3月以降、左脚全体に激しい痛みがあった私、自ずと右脚に重心を置いた生活が続いていました。椅子から立ち上がる時も右脚による「片脚スクワット」状態。つまりは、左脚に負荷がかかることを極端に避けた生活を続けていました。
 
そのような生活に招かれた結果は・・・。「筋肉は使われなければ急速に衰える」という恐ろしい現実です。
 
右脚を軸にして階段を上ることはできても、左脚を軸にしては階段を上ることができないのです(>_<)。
 
「これはヤバイ」
そう感じた私、今日から脚のトレーニングを開始しました。
 
さしあたってのメニューは、「手摺につかまってのスロトレによるハーフスクワット(Burning Heartを聴きながら10回×3セット)」でした。
 
両脚の心地好い「張り」が「スロトレ」の威力を物語っています。「奇跡の大復活への第一歩」、踏み出しました。
 
 
 
 
 
 

|

« 新・入院生活あれこれ⑩(今日もあれこれ) | トップページ | 5月14日 »

「胸筋活動」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1148354/39983649

この記事へのトラックバック一覧です: 新・入院生活あれこれ⑪(「第一歩」):

« 新・入院生活あれこれ⑩(今日もあれこれ) | トップページ | 5月14日 »