« 息子の卒業 | トップページ | そりゃ大事だけど… »

2011年3月22日 (火)

入院生活あれこれ⑥(苛立ち)

入院してから9日目。まだ退院のメドは立ちません。診断書では来週いっぱいの入院期間になるのですが、来週いっぱいで退院できるのかどうか…。

因みに退院して帰る先は、入院前に住んでいた場所とは違う場所で、しかも家族のいない生活が始まってしまいます。何がなんでも「普通の生活」ができるレベルまで回復しなければなりません。

日々、安静にして温熱治療や低周波治療を繰り返しているものの、腰全体の重苦しさは消えず、左側大臀筋から大腿部にかけての「突っ張るような痛み」が邪魔して思い通りの動きはできません。

ベッドから下りようにも、とにかく痛みが走るとやる気が失せてしまう。

そんな私を見て、看護士さんは苛立ちを覚えるのでしょうが、痛みの感じ方は人それぞれ…。それに、こんな状態の自分に苛立っているのは、誰よりも自分自身。「焦らずに…」とは思いつつも、そろそろ焦らずにはいられない…。

明日は「神経ブロック注射」を受けます。少しでも症状が改善することを祈りつつ…。

|

« 息子の卒業 | トップページ | そりゃ大事だけど… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1148354/39326200

この記事へのトラックバック一覧です: 入院生活あれこれ⑥(苛立ち):

« 息子の卒業 | トップページ | そりゃ大事だけど… »