« 「頑張れ!胸筋倶楽部!」 | トップページ | スパーリング! »

2009年10月13日 (火)

とまこまいマラソンの日の出来事

満足のいく試合をした後なんかはブログにしばらくその日のことを書く習性がある私coldsweats01

一昨日の出来事で自分なりに心に残ったことを忘れないうちに・・・

私がゴールしてから約25分後。「教え子2人」が仲良く手をつないでゴールしたのを見届けました。「教え子2人」は揃って涙ぐみながらも達成感に満ち溢れたとても清々しい表情で、私に「ありがとうございました!」と言ってくれました。

しばらくして、見覚えのない若い男性が我々の近くに寄って来て、1人の「教え子」に労いの言葉をかけておりましたthink

その「教え子」(=あまり好きな言葉ではないけど私の「直属の部下」)はその男性に私のことを紹介すると共に、私にもその男性を紹介してくれましたwobbly

「こちら私の上司なの。マネージャー、こちらYクンです。彼氏なんです。」

と。私はYクンと二言三言会話をして、即座に「こいつはいいヤツだflairと察知しました。

その彼氏はどことなく、青森で3年間を一緒に過ごした「弟のような存在」である三浦クンと雰囲気が似ていますhappy01

面白そうだったので、夕方に予定されていた「打ち上げ」にもその彼を連れて来るように「業務命令(!?)」を出しましたsmile

「打ち上げ」の席では、その日のうちにバイクでサッポロに帰らなければならないYクンはジンジャーエールを飲んでいたのですが、楽しく会話が弾みました。

「宴もたけなわ」の頃、Yクンの彼女(=つまりは、あまり好きな表現じゃないけど私の「直属の部下」)は言いました。

「マネージャーに気に入ってもらえて良かったです。父親に彼氏を紹介するような気分だったんです。happy02

と。

「父親」という言葉。ある意味、イコール「親父」です。事実、私とその「教え子」との年齢差は19歳。「親子」もありうる年齢差なのです。「41歳には見えない」と言ってもらえることが多い自分ではありますが、自分の年齢の現実を思い出しながら、「父親に彼氏を紹介するような気分だった」という言葉に、妙な嬉しさを覚えたのでしたhappy02

さて、ハーフマラソンを終えて2日。今夜も大胸筋への集中砲火を浴びせた後、ちょっと速いペースで3km弱のロードワークをこなしました。ハーフマラソンなんて、あくまでもトレーニングの一部に過ぎません。私の目標はマラソンでいいタイムを叩き出すことではなく、リングの上で最高のパフォーマンスをして勝つことなのですからgood

|

« 「頑張れ!胸筋倶楽部!」 | トップページ | スパーリング! »

「胸筋活動」」カテゴリの記事

コメント

Leonaさま

「そんな人」はまだ現れないのかいsign02happy01
ご紹介してもらった時に思わず「一回殴らせろsign03」とか「オレに勝ったら認めてやるsign03」な~んて思いっ切り「勘違い発言」したりしてhappy01

投稿: joesdad34 | 2009年10月14日 (水) 23時45分

私もいつかご紹介します!

…そんな人が現れたら(^o^;)

あと数年待っててくださいね(笑)

投稿: Leona | 2009年10月14日 (水) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1148354/31775701

この記事へのトラックバック一覧です: とまこまいマラソンの日の出来事:

« 「頑張れ!胸筋倶楽部!」 | トップページ | スパーリング! »